新着情報

相談窓口

こんなお悩みを
お気軽にご相談ください

通信販売で加入するのと、
代理店で加入するのとでは
どう違うのですか?

通信販売は手軽に加入できる反面、自分で商品を選ぶため本当に必要な保障があるのか客観的に判断する難しさがあります。当社は、プロの目でお客様それぞれにあった保険をご提案しますので、きっと安心・満足していただけます。

損害保険商品は多様、複雑化しており、内容のすべてを理解して頂くのは難しくなっております。当社では、お客様が理解できるようなご説明やアドバイスをさせていただくこと、万一の際に対応も迅速的確に行うことで、ネットとの差別化を図っています。ネットで申し込まれる前に是非、ご来店・ご連絡下さい。違いを納得いただけると思います。

相談後にしつこい勧誘はありませんか?

当社から、保険を売り込むようなスタイルの営業は一切行っておりませんのでご安心下さい。

保険の事がわからない…
ずっと同じ内容でも大丈夫でしょ?

それぞれのご家庭にあったリスクを予測し、損害保険を総合的にコンサルティング致します。毎年同じ内容でそのままご継続されているかたが圧倒的に多くいらっしゃいます。一度じっくり保険を見直すお手伝いをさせて下さい。

知り合いで保険に加入しているので、
任せっきりなんですが・・・

人生のうち支払う保険料は、約1,180万円と言われています。マイホーム購入の次に高額な買い物と言われています。家を買う時に人に任せっきりですか?やはり自分で十分に理解し、納得して加入するのがいいと思います。もし、お知り合いに改めてご確認されるのがどうも・・・ということであれば、ご加入の保険証券をご持参ください。

火災保険って入った方が良いの?

北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード(M)8・8以上の「超巨大地震」が発生する確率は最大40%とする見解を、政府の地震調査研究推進本部が発表し、東日本大震災に匹敵する規模の地震が「切迫している可能性が高い」として対策を呼びかけています。

火災で補償される主な災害

火災・水災・風災・雪災・雹災・落雷

火災保険では補償されない地震による損害

阪神大震災や東日本大震災といった大地震では、地震による全半壊はもちろん、地震によって発生した火災や津波によりたくさんの家屋に損害が出ました。火災保険に入っていれば地震で発生した火災や津波(水災)でも、補償されるものと思われがちですが、実際には地震により発生した災害では火災保険の補償対象外となります。

地震による災害に備えるには「地震保険」に加入しましょう。

火災保険で補償されない主な災害
(地震保険で補償される災害)

地震による家屋・家財の損害/地震による火災での焼失/地震による津波での損害
火災保険や地震保険に加入するべきかと問われることはよくありますが、いずれの災害に言える事は「いつ起こるか分からない=いつ起こってもおかしくない」ということです。そして起こってからでは遅いという事です。住宅は一生涯で最も高価な買い物です。ご自身やご家族の住まいを守るために必要かどうかをお考え下さい。

ライフプランニングとは何ですか?

人には「産まれ、育ち、学び、働き、結婚、出産、子育て、老後、相続・・・」といったライフサイクルがあります。どの年代であっても将来に対する「不安」があることは紛れもない事実です。年を重ねることで「ライフステージ」は変化していきますが、その変化に伴い「将来像」も「未来」も変化します。その年代だからこそ思う「悩み・不安」があり、その思いを取り除くために必要な「情報・知識」も年代とともに変わります。直面する「危機」少しでも早くつかむために必要なのが「ライフプラン」。 不安を軽減することや、安心に変えるために人生設計をプランニングして「見える化」することをお手伝いできるライフプラン診断士である我々にご相談ください。

ご相談はこちらから

Page Top